民俗学博物館で展示されていた木彫りの像が盗まれた。
民俗学的に大変貴重な物で、毒を塗った矢を吹くアルンバヤ族の像ということ。
さっそくタンタンは博物館へ。デュポン&デュボン刑事からいろいろと話を聞くが、結局手がかりなし。
ところが次の日、盗まれたはずの像が戻っていた・・・。
しかしこれがすりかえられた偽物だと気付いたタンタンは、本物の像の行方を追って南米へと旅立つ。
クーデターに巻き込まれたり、アルカサル将軍の部下に抜擢されたり、タンタンは訳の分からないまま将軍のお相手をすることに。
しかし本来の謎を解くために、インディアン”カラコ”の案内でアルンバヤ族の住むジャングルの奥地へカヌーで出発。
ここでタンタンはこの小さな像の盗難事件に隠された秘密を、不可解な事件の謎を見つけるのですが・・・。
 
↓本の表紙絵をクリック!
 
アルカサル将軍がP.22に初登場。
この本の日本語版のお求めはこちらで!