タンタンに世界の終焉を告げた天文学者のイッポリート・カリス天文台所長の所見は正しいのか?
彼の望遠鏡に映ったものは巨大な火の玉だった。
冒険の舞台は北極。落下した巨大隕石を求めて、北極海への冒険が始まります。
「ふしぎな流れ星」は初版からカラーで出版された初めての作品であり、未知の鉱物が含まれていると伝えられる隕石が北極地方に落下したという事件をもとにつくられています。
 
↓本の表紙絵をクリック!
この本の日本語版のお求めはこちらで!