「ユニコーン号のひみつ」に続く「レッド・ラッカムの宝」で、タンタンはハドック船長と共に、彼の先祖であるフランソワ・ド・アドック卿の足跡をたどります。
ここで新たに登場する天才科学者のビーカー教授。彼が発明したサメマリン号(潜水艦)にタンタンとスノーウィが乗り込み、宝物を探しに海の中へ。
ビーカー教授は、最終的にはハドック船長の先祖の遺産であるムーランサール城を手に入れるために貢献してくれるのです。
 
↓本の表紙絵をクリック!
 
ビーカー教授はおとぼけ初登場はP.5。
この本の日本語版のお求めはこちらで!