監獄に捕らえられているカスタフィオーレ夫人を助ける為に、罠と知りながら南米に向かったタンタン。
そこで旧友アルカサル将軍の革命騒動に巻き込まれて行きます。

ゲリラ戦を背景にした復讐と人質の暗い物語である「タンタンとピカロス」で、タンタンは「かけた耳」の舞台であったサン・テオドロスに戻ってきます。
エルジェは、この世界は巨大な虚構以外の何物でもないということを甘酸っぱいスタンスで示しています。
 
↓本の表紙絵をクリック!
この本の日本語版のお求めはこちらで!