国内ニュース 海外ニュース 映画情報
過去のTOP 店舗案内
タンタンのギフトカード プロモーション&パートナー プレスリリース
Swarte in the Museum and also on a New Yorker cover!  

米国誌THE NEW YORKER が、Norman Mailer、J.D. Salinger、Philip Roth 等作家を、そして又Joost Swarte を含む有名イラストレーター等を特集しました。
・・・続きはこちら(2010.05.19)
Happy Birthday Hergé! Happy Birthday Hergé Museum!  

エルジェファンにとって5月22日という日が、なぜ特別な日であるのかと私たちが言っているその日は、カレンダー通りに毎年確実にやってきます。
・・・続きはこちら(2010.05.18)
The music for the Tintin film is ready!  

S・スピルバーグから依頼を受けた作曲家ジョン・ウィリアムズは、2011年10月18日に公開が予定されている映画「タンタンの冒険:なぞのユニコ−ン号」の音楽をついに仕上げました。
・・・続きはこちら(2010.05.11)
上海万博でのエルジェ・ミュージアム  

上海はそれほど遠いですか? いえ、もはやそうではないです。私たちのインターネット上の読者は全世界どこへでも行きます!「青い蓮」に描かれている中国の大都市のゲートへさえもです。
・・・続きはこちら(2010.04.30)
That would make a great movie!  

ジェームズ・キャメロン作品「アバター」でアートディレクターを務めたアンドリュー・ジョーンズが、“S・スピルバーグ/P・ジャクソンによる映画「タンタンの冒険・The Secret of the Unicorn」は良い作品になるであろう”と語った。
・・・続きはこちら(2010.04.29)
タンタンとNatkhatの新たな冒険  

質問その1:インドで最も広く使用されている言語は何ですか? そうヒンディー語ですね。それでは次の質問:インドで未だに流通していないベルギーでもっとも重要度の高い作品と言えば?
・・・続きはこちら(2010.04.14)
映画についての最新ニュース!  

モーションピクチャー分野でのメーキャップを数多く手がけ今や3Dメーキャップの女神と称されるTegan Taylor は、彼女が映画「アバター」で施したあらゆるテクニックを駆使してタンタンフィルムにのぞむと話しています。
・・・続きはこちら(2010.04.01)
TINTIN a la decouverte des civilisations (“偉大な文明を探るタンタン”)  

これは、まもなく発刊される“Le Figaro/Beaux-Arts”(美術誌)特別版のエレガントバージョンです。
・・・続きはこちら(2010.03.26)
■ A new total tool for the comic book world  

Patrick Gaumer による「World Comic Strip Dictionary」の再現は、見逃せない出来事です。
・・・続きはこちら(2010.03.18)
■ The Hergé Museum - one of the most beautiful museums of Europe!  

GEO誌が、“ヨーロッパでもっとも美しいミュージアム”に捧げる特集号を発行しました。
・・・続きはこちら(2010.03.18)
■ 2010 Belgian Building Awards  

クリスチャン・デュ・ポルザンパルク(そして又エルジェ・ミュージアムも)が、国際的賞である "The Belgian Building Awards 2010" を受賞しました。
・・・続きはこちら(2010.03.05)
■ Spielberg, a phantom visitor?  

ベルギー新聞(オランダ語/フランス語)が、スティーブン・スピルバーグ20名のスタッフを引き連れて2010年5月にブルージュにやってくると報じました。
・・・続きはこちら(2010.02.26)
■ Micheline Legendre逝去  

2010年1月5日、Micheline Legendreが亡くなられました、享年88歳でした。
・・・続きはこちら(2010.02.05)
■ フランスの朝のテレビ番組にタンタンが登場!  

フランスTelematin(channel 2)のFrederick Gersalが司会を務める番組“Memories”が、タンタンの冒険から4人のキャラクターをピックアップし、紹介をしながらそれぞれの起源について語り合う予定です。
・・・続きはこちら(2010.01.27)
■ Quick and Flupke at Angouleme!   

Quick(クック)とFlupke(プッケ)は、アングレームでの80周年イベントに喜んで参加しますし、地元日刊新聞紙La Charente Libre主催のコンベンションにも登場します。
・・・続きはこちら(2010.01.26)